写鉄

青い新幹線に惹かれて

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ESCAPE号の近況

ご無沙汰してまする。

最近ドタバタとしており、なかなかブログの更新が捗りません・・・

ネタはそれなりにあるのですが、なかなかまとまった時間が取れないので書く事も出来ず、って感じです。

と、いうわけで今日は小ネタを挟んでみましょう。



今年の3月、新車で導入して、一時期騒いでたクロスバイク「GIANT ESCAPE R3」。

早くも半年が経とうとしていますが、買って二ヶ月後に最初の改造を。

画像10718
漂白大作戦と銘打ってスプロケット、ホイール、タイヤを交換し一旦落ち着きました。

このあとESCAPEの話題は出しておらず、「あれ、自転車の話はどこへ行ったの?」状態でしたが
ここ数週間で色々変化がありました。

変化といっても悪い方で。

・深夜サイクリング中、目的地目前でタイヤがパンク、帰り道数10kmをパンクしたまま低速走行。(おそらくこの時にリムを若干痛めた)
・このパンクを直して乗ってたら今度はタイヤ自体に穴があき3ヶ月でタイヤは寿命を迎える。
・風によって自転車が倒される×2
1回目は畑に落下、フロントフォークとトップチューブに傷。
2回目はポールにトップチューブが激突し、結構な凹みが。
・フロントシフターの故障(突然2から3に変わらなくなった。おそらく中で爪が折れてる。)
・走行中突然リアホイールのスポークが折れる

もう自転車厄でもついてるんじゃないかと思うぐらいにひどい有様です。しかもこれがほぼ同時期に起こるんだから笑えない。



で、いまこんな感じ。コンデジで撮影したので画質が雲泥の差。ここまで違うものかw

23Cの白いタイヤが履けなくなってしまったので、購入した際についてきた28CのMAXISのタイヤを履かせています。

で、ホイールはスポークが折れてしまった以上、自分では直せないので自転車屋さんにいつでも持っていけるようにタイヤとチューブ、スプロケを外してあります。

ハンドル周りがなんか雰囲気違いますが、あとでご紹介いたしますw



で、フロントシフターが壊れた時点で脳裏によぎったこと。それは・・・

「もうハンドルごと変えちゃうか」

そう思い始めると止まらなくなるもの。一気にそっちの方向に走っていきます。

ハンドルを変えるといっても色々な形がありますが、今回は定番のドロップハンドル化。

ただ、ドロップハンドル化するとなるとかなりの問題が出てきます。

・コンポを変えなければならないのではないか。
・STIを付けるのか
・もしSTIをつけるとなるとミニVブレーキはそのままで引けるのか。
・スプロケ(8速)はこの間変えたばっかだし変えるのはもったいない。

まぁざっとこんな感じ。
まず最初の2つ。

これは割りとすぐ解決しました。

コンポまるまる変えてSTIを付ける

はい、決心しました。では決めたはいいけど、ここで次の問題。
STIでミニVが引けるのか。

通常ロードバイクに付いているブレーキはキャリパーブレーキと言うもの。そしてSTIもキャリパーブレーキを引けるような設計で作られています。
しかし、このキャリパーブレーキとVブレーキでは、ワイヤーの引きしろが違います。つまり理論上はSTIでVブレーキを引くことは出来ません。

しかし、この問題もネットでESCAPE R3をドロップ化している先人たちのお陰で解決策が。
このESCAPEが積んでいるのは「ミニV」ブレーキと言うもの。(詳しくは調べてね☆)
これだと、調整をシビアにやればSTIでも引けるとのこと。ならばこの手で行こうじゃないの。

さて、3つ解決。最後の問題。

5月の改造でスプロケを変えたので、できればまだまだ使い続けたい。なによりコスト削減。
しかし問題なのは、いまのロードバイクの主流が9速以上であること。
つまり、それに合わせてSTIやディレイラー関係は設計されています。

SHIMANOのロードの最下位グレードとも言われている「SORA」でさえ9速。さてどうしたものか・・・

と、調べていたら出てきました。今年発売のSHIMANO「Claris」というコンポ。

claris_image_-mainParsys-0015-image_dash.jpg
今までの2300シリーズのニューモデルで、今年からコンポ名がつきました。
しかもSTIが廉価版の代名詞だった親指シフトではなく上位モデルのTiagraやSORAと同じシフト方式になりました。
それでいて値段も安い(廉価版だから)
これはこれで行くしか無いでしょ!だって所詮クロスバイクなんだし、どうせポジションが増えるだけだから良いコンポ使うのはもったいない。

ってことで、コンポはClarisで決定。
FD、RD、クランクもClarisで統一するので同時に発注。
あと、BBがオクタリンク方式に変わるのでBBも発注。

と、もう勢いだけで進めてますが、このClarisというシリーズ、まだ情報が少なく、使えるかも微妙。
でも買っちゃったからには進むしかありませんね!取らぬ狸の皮算用という言葉が今の僕にはピッタリです!



さて、ハンドルとステムはすでに変わっています。なぜか。

先日また東京に行く用事があり、その際に新宿の自転車屋にちょっと寄り道。
初めて買うドロップだし、実際に自分で握って確かめたほうがいいよねってことで、ネットでの注文は避けました。

で、とりあえず握りやすそうで安いの、という条件に当てはまったのはこれ。
ステムも偶然同じメーカー。統一感合っていいね。

ステムを変えたのは、クランプ径が違うのと、ポジション調整のため。とりあえず80mmを買ってきました。
合わなかったら変えるかも?

そして径が変わったことによりサイコンとライトがつかなくなってしまった。これはまずい。

ってことでサイコンは新しいものを注文。ライトはそのうちブラケットだけ買い換えます。

と、言うわけで各パーツ・アクセサリーの到着待ち状態です!


9月後半の3連休最終日あたりにどっか行こうと考えているので、それまでには全部組み上げちゃいたいです。
スポンサーサイト

| GIANT ESCAPE R3 | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。