写鉄

青い新幹線に惹かれて

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初!九州・祝!800系誕生10周年

先週の火曜日から金曜日にかけて、所用で九州に行ってきました。

人生初九州、いいところでした。

合間合間に写真の撮影もしているのでその写真を。



まずは長崎、世界三大夜景にも選ばれる稲佐山から1000万ドルの夜景を。
坂が多い長崎の地形だからこそこの景色が生まれるのですね。


線路が途切れる駅長崎。博多へと目指す「かもめ」と「白いかもめ」が頻繁に出入りします。


同じ885系でもこちらは「白いかもめ」。長崎から長崎本線、久大本線を越えて日豊本線までやってきました。九州の端から端への移動はしんどいだけです・・・

この海外の特急電車のような斬新なデザイン。良くも悪くもあぁ九州の列車だなと感じさせてくれます。


415系鋼製車。関東からは撤退しましたが九州ではまだまだ現役です。


豊肥本線で熊本へ・・・と思ったら横断特急がまさかの満席。仕方がないので久大本線を逆戻り。久留米から鹿児島本線の列車を乗り継いで熊本へ。
熊本城をバックに熊本市電を。熊本、すごい都会でした・・・長野より都会なんじゃないかな。


熊本電鉄の青がえる。生憎の天気でしたが、北熊本駅の方のご厚意で車庫に停車している姿を間近で撮影させていただきました。


全国各地方に散らばった東急の青がえるですが、現在も動ける状態にあるのはここの2両のみ。
しかしこの列車も先はそう長くないそうです。


熊本電鉄と言ったら青がえるもですが、この台車も忘れてはいけません。
川崎重工が作った新しい台車「efWING」。台枠に炭素繊維強化プラスチックが使用されるのは世界初の技術。
なにより見た目がかっこいいですよね。スポーツカーみたいで速そうですが、実際はのんびりと走る列車ですw


今回のメイン九州新幹線800系。今年でデビュー10周年です。(画像は1000番台ですが)
鹿児島中央~新八代の部分開業当時から走り続けるこの車両。今までの新幹線には無かったデザインで登場し、当時かなり話題になったと思います。



特徴的な丸い顔。2011年の全線開業の際に塗装デザインが変更されてますが、この顔はずっと変わらないまま。(画像は1000番台ry)
九州の新しい時代を作った名車間違いなしです。


2011年の開業時に新大阪まで乗り入れるために投入されたN700系7000/8000番台。
東海道・山陽新幹線を走るN700系とは違い、車体色が白ではなく水色に近いような色をしています。
写真は水しぶきを上げながら新玉名駅を通過するみずほ。新幹線は雨がよく似合います。

帰りは福岡空港から飛行機で羽田へ。せっかく羽田に来たので展望デッキから飛行機の写真を。

夜の羽田から北へテイクオフ!

飛行場内を行き来する全日空機と、東京ゲートブリッジ・葛西臨海公園の観覧車。


誘導灯に導かれ滑走路に向けてタキシング開始。夜の空港はいろんな魅力があります。
一回ぐらいは伊丹に行ってみたいなぁ。

これにて撤収。4日ほど滞在し色んな所を周りました。九州いいところです。また個人的な旅行で訪れたいと思います。
スポンサーサイト

| 遠くに行った話 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏もあけぼの

夏臨であけぼのが動いていますが、今シーズンは一回も撮らずに終わりそうです・・・

EF81区間で撮りたいのですが、足が無いのでなかなか行く気も起きず。
そんなことを考えていたら、北海道遠征の時に撮って乗ったあけぼのの画像を上げてなかったなぁと思いだしました。


2021レ EF81-138+24系
特に撮影地も決めず、適当に撮れそうなところで待機してました。
一円玉になっていたら嫌だなぁとか思っていましたが、キレイなHMのまま来てくれました。
雪煙はもうちょっと欲しかったですけど、編成隠れちゃうのも嫌なので難しいところですね(^_^;)


夜あけぼの乗るまでの待機時間でED79の貨物を撮影。
これももう一度撮りたいけど、もう無理かなぁ・・・



夜、あけぼの号に乗るために青森駅へ。
ホーム上での撮影は諦め、跨線橋の上からバルブ。両方共青森駅の定番構図ですね。



朝起きたらもう大宮の手前。長岡駅でバトンタッチしたEF64さんを上野駅で拝見。どうもこの列車が最後の2022レだったみたいですね。(最終列車は9021・9022レ)


結局EF64さんのあけぼのはまともに撮れず・・・今走っている9022レも時間が変わってさらに朝早くなっているので、もう取る機会はないですかねぇ。

次は冬臨。走ることを期待して・・・

| 遠くに行った話 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北の大地を走る列車たち

ずーーーーーーーいぶんと間が空いてしまいました。

「こいつまた北海道行ったのか?」

いえいえ、そんなことはありません。前回までの続きです^^;

過去記事はこちら↓
さらば本州・・・北の大地へ-寝台特急カシオペア-
北海道はでっかいどう-寝台特急カシオペア-

ちょうどカシオペアを降りたところでしたね。


札幌駅に到着後、普通電車に乗り換えお隣の駅苗穂へ。

苗穂から歩いて沿線撮影地に向かいます。狙いはカシオペアの後を追っかけてきている北斗星。


DD51の重連とカニまではわかるんですが・・・後ろはどこへ?
まさかここまで巻き上げてくれるとは^^;でも冬らしいってことにしておきましょう。

しばらく残留。

住んでる土地柄「エアポート快特」と言いそうになりますが、これは「エアポート快速」です。
下のライトだけ白色。


あ、燃えた車両だ。
スーパー北斗でしょうか。乗り物図鑑などには必ずと言っていいほど登場する車両ですね。
振り子搭載で130km/h運転なんてのも過去の話。
一回乗ってみたかったなぁ。


今回の北海道遠征で一番気に入った車両はこれ。
とても普通電車には見えない顔つき。かっこいいです。形式は731系で、キハ201系とも連結できるすぐれものですね。


特急すずらんを撮って撤収。

この後は札幌駅の地下街で札幌ラーメンを食べ、再び千歳線へ。


733系。731系より少しスマートに見えますねぇ。こんなんでも120km/h余裕でだすんだから侮る無かれ。


今回の目的カシオペア。DD51重連が牽くカシオペアはまた違った魅力がありますね。


続行の新千歳空港行きのスーパーカムイを撮って撤収。いやー寒い寒い。


すっかり暗くなった札幌駅。JRタワーと札幌駅舎をバルブ。

夕飯を食べて札幌駅に荷物を取りに戻り、列車待機。


次乗る列車はこれです・・・

続く。

| 遠くに行った話 | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

18切符消化試合

北海道、青森、名古屋と18券を使って行ってきましたが、今回で5回目。今シーズンの18券での最後の遠征です。


最後はまったり行こうってことで撮影装備はいつもより身軽に。場所は北陸方面。

しかし、朝寝坊して駅まで全力疾走。最初から全然まったりじゃありませんでした・・・w


始発の直江津行きに乗車し直江津へ。直江津で乗り換えてまずは富山へ。


富山地方鉄道富山駅におじゃましてきました。

お出迎えしてくれたのは富山のミトーカトレイン。長野にもこの夏登場しますね。

この車両は改造される前に宇奈月温泉で見たような見てないような・・・


ついこの間東急さんから譲渡された子。さっそく活躍しています。
しかし塗装がそのままとは如何なものかと()

右にいるのは地鉄の自社発注車両かな?


しばらく駅構内をうろついついているとなにやら鉄道ファンがわらわらと。これは何かあるなと人だかりの方へ。


なんか来た。しかもさよならHMが付いてる。

これはなんぞやと。

どうもこの174という車両がこのイベントでラストランらしい。
この車両の経緯もわからないし地鉄自体無知なのでよくわからないのですが・・・


ものすごいゲテモノってことはよくわかりましたw

普段は増車として使われていたのでしょうかねぇ。


到着したこの電車をボーっと眺めてて、なにかに似てるなぁと。なんだろうなぁと。考えてました。

そして身近に居たアイツでした。
画像9734
車番の書体といい側面窓の雰因気といい長電2000系とそっくり。足回りまで見るとA編成がなんとなく近い感じでしょうか。

実車について詳しく調べたわけでないので適当な事言ってますが、なんとなく懐かしい感じがしたのはこのためなんでしょうね。

そうか、明日(2014/3/31)で屋代線廃線と2000系引退から2年ですか・・・早いもんですね。


ここでタイムアップ。JR富山駅に戻り再び普通電車で移動。

到着したのは金沢駅!金沢駅に来るのは4年ぶり、駅を降りたのは初めてだったり。
今回はこのおもてなしドームと北陸新幹線の進捗状況が見たくてきたようなものです。
駅の至る所にW7系。開業まで1年切りましたもんね。

近くの駅ビルでお昼。この後の予定を組みます。

トワイライトが撮れそうだってことで14時29分の富山行で再び富山方面へ。金沢滞在時間2時間w
新幹線ができたらまた来ます!


ってなわけでトワイライトを立山連峰バックで回収。
この列車もいつかは乗ってみたいなぁ・・・

生地1822の直江津行きに乗車。直江津駅で10分乗り換えで長野に帰ってきました。

長野から片道5時間。かなりかかります。これが新幹線開業で1時間半・・・新幹線ってすごいですね。
並行在来線問題もありますが、やっぱり新幹線はあるべきなんじゃないかと。ただ駅ができない町は苦労するでしょうね。

次金沢に行くのは新幹線が開業してから、E7系orW7系に乗って行きたいと思います!

| 遠くに行った話 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道はでっかいどう-寝台特急カシオペア-

しょーもないタイトルに自分も呆れてます。これしか出てこなかったんだもんっ( ;∀;)

ってなわけで前回の続き。

青函トンネルを夢の中で通過し、次目が覚めたのは函館駅。この時点で朝の5時。青森でてから3時間もかかるんですね・・・


青森駅は外に出れないのでここで初めてED79さんとご対面。かっこいいです。

列車が遅れていたこともあって機関車の切り替えはテキパキ進んでいきます。12両編成あるカシオペアの横を重い機材とひんやりと冷たくなった三脚を持って端から端へ全力疾走。
寝起きで全力疾走は辛い・・・

反対側ではDD51重連との連結作業中。こちらもてきぱきと進んであっという間に連結。

急いで自分たちの号車に戻りますwもう大変。

函館出発。北海道の大地を踏んだのは今回が初めてだったり。
噴火湾の際をひたすらグリグリ進んでいきます。

明るくなってきた頃に再びラウンジカーへ。

北海道の大地を力強く走るDD51。この日の牽引機はDD51-1100+1142。
景色が流れていきます。

三脚を部屋に置きに行き、身支度を整えてダイニングカーへ。

モーニングオープン15分前にもかかわらずかなりの行列。入れるか不安になりながらも、ぎりぎり1組目に滑り込み。


北斗星とカシオペアは朝食は共通、和朝食と洋朝食を選べるので、僕は洋朝食を選択。
このブレットがほのかに甘くて美味しいんだ・・・また食べたい。
ただ高いのがなぁ・・・

車内販売でサンドイッチとかも売ってるらしいんで、モーニングが混んでいてもそっちで済ませることができるのはいいですね。


車内で買ったグッズ。NREのHPにはプレートなんて書いてなかったからちょっとびっくり。
キーホルダーの青色がとても綺麗。どこかにつけようかな。

列車は約20分遅れで室蘭本線、千歳線と走り複線区間へ。

苗穂の工場を横に見ると終点の札幌駅はもう目の前。

約18時間の長い旅、あっという間に終わってしまいました。
札幌駅に下りた時の寒さは今でも忘れません()


カシオペアをお見送りし、コインロッカーに荷物を入れて再び電車に乗車。

続く・・・

| 遠くに行った話 | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。